第2期クラインガルテン体験農業1日目が無事に終了いたしました


2月19日(日)~22日(水)の4日間、第2期目のラインガルテン体験農業in 宜野座が開講されました。

第2期クラインガルテン体験農業1日目 画像

今回の受講生は14名ですが、 当日家庭の都合で急遽1名のキャンセルがでたので、
受講生13名で開講されました。初日の天気は、曇りのち晴れ。

午前9時から始まったオリエンテーションでは、講師や事務スタッフの紹介 そして、受講生の自己紹介を行い、農業や宜野座に対する熱い思いのたけを 受講生は話してくれました。

昨年の震災をきっかけに、福島市から本部へ移住したご夫婦。

農業に目覚め、職を辞めて沖縄の農業を学びにきた方。

農業をしながら、自給自足的な生活をしたいと思う方。

思いはさまざまですが、ここに集まる皆さんは、 「とにかく、農業を学びたい」と熱く願う方々が集まりました。

2期目の講義の魅力は「ミツバチプロジェクト」です。

前回のミミズプロジェクトに引き続き、この講義のみを 聞きたいと申し出も多数ありましたが、今回の参加条件は4日間連続で 参加できる方のみ、と事務局で対応させていただき、多くの方々にお断りを した経緯がありました。

では、初日の事務局の挨拶から始まり、講義が開始されました。

第2期クラインガルテン体験農業1日目 画像

オリエンテーションが終わると、1日目の講義 「沖縄の農業、不耕起栽培と自然農法の取組み」を 、代表の田崎聡講師が 2時間にわたり、いろいろな農法を説明しながら、沖縄独自の農業の取組を詳しく、説明。

第2期クラインガルテン体験農業1日目 画像 第2期クラインガルテン体験農業1日目 画像

座学の講義はなかなか珍しい。まるで寺子屋の現代版のような 風景ですが・・・・。さすがに、2時間の講義は、皆さんも腰が痛いようでした。 いつかはテーブルに椅子のスタイルの方がいいですね。

まずは、午後の畑の実技指導の段取を 農業指導員である上原伸治氏より説明を受ける。

本日のテーマは、 「有機農法による畝作り」「種の育成および、直播きのやり方」 などを行います。

第2期クラインガルテン体験農業1日目 画像 第2期クラインガルテン体験農業1日目 画像

説明をわかりましたか?との質問に、わかりました!!っと 両手で回答してくれました大城様の武勇伝です。

第2期クラインガルテン体験農業1日目 画像

「笑顔で、クワを持ってください」とお願いして、無理に忙しい手を休めてくれて 対応してくださった持地幸子さん。

第2期クラインガルテン体験農業1日目 画像

2名1組になり、クワやスコップで畝作りです。 そして、指導員の上原伸治氏より、本日蒔く大豆の種を説明。

本日の種は北海道から届いた大豆 「小豆」「黒大豆」「大豆」などの数種類の種です。

第2期クラインガルテン体験農業1日目 画像 第2期クラインガルテン体験農業1日目 画像

種を大事に持つ、 田場さん、石川さん、竹村さん。

では、種まき開始です。本日の大豆は、直播きです。

第2期クラインガルテン体験農業1日目 画像 第2期クラインガルテン体験農業1日目 画像 第2期クラインガルテン体験農業1日目 画像

種の直播きが終わると、虫がこないように、もしくは、 畑がより美しくなるため、花を上の端に植えていき、 花街道を作ります。

そして、完成。

第2期クラインガルテン体験農業1日目 画像

初日、だいぶ畝作りが進みました。

参加者の皆様、体験農業の基礎を作ってくれる 受講生の皆様方に、とっても感謝いたします。

初日のご参加ありがとうございました。


食の風アカデミー (NPO法人食の風内) 〒901-1414 沖縄県南城市佐敷字津波古400-77 TEL:098-943-6104 FAX:098-943-6105

© 2018 食の風アカデミー. All rights reserved